基礎知識

出会い系サイトの電話番号認証は本当に安全?

掲載:2017年6月28日 更新:

個人情報が守られたスマートフォン出会い系サイトを利用したことがある方はご存知かもしれませんが、会員登録の際に電話番号認証を求められる出会い系サイトがたまにあります。

実はこの電話番号認証は法律で義務化されているわけではありません。では一体なぜ電話番号認証を必要とする出会い系があるのでしょうか?

また電話番号という大切な個人情報を取り扱う、その安全性に問題はないのでしょうか?

スポンサーリンク

業者にもデメリットが多い電話番号認証

飛んでいくお金電話番号認証と聞くと、個人情報流出の問題など利用者の負担ばかり想像しがちですが、実は出会い系業者側にも色々とデメリットがあります。

業者側のデメリットと言えば、まずは導入コストが挙げられます。システムエンジニアを社員として抱えている出会い系業者も多いのですが、電話番号認証の導入には専門的な知識が必要となります。

そのため、専門のシステム会社に依頼するのが一般的な電話番号認証の導入方法となり、相応のコストがかかるというわけです。

また、業者側の最大のデメリットと言えば、会員登録時の障壁になるという点です。

会員登録時に電話番号認証があると、面倒さや安全性に対する不安から、会員登録をあきらめてしまう利用者が出てきます。つまりは出会い系業者にとっては、多くの見込み客を失うことになるのです。電話番号認証を導入していない出会い系サイトが多いのはこのためです。

電話番号認証を導入する目的

では、それでも電話番号認証を導入する出会い系業者の目的とは一体なんでしょうか?

電話番号認証の目的は利用者の二重登録を防止することです。

電話番号認証がない出会い系サイトは、メールアドレスがあれば会員登録をすることができますが、メールアドレスはフリーメールを利用すれば誰でも簡単にいくつも作れてしまいます。

したがって事実上、一人の利用者がいくつでもアカウントを作ることが可能になってしまうわけです。

一時期はフリーメールでの会員登録を禁止する出会い系も多かったのですが、それでは利用者数が多いGmailやYahooメールなどのユーザーを取りこぼしてしまうことになります。

そこで採用されたのが、電話番号認証です。

電話番号認証のメリット

ある利用者が、電話番号認証がある出会い系サイトで複数のアカウントを作りたいと思ったら、その数の分だけ電話番号の用意が必要となります。

しかし、電話番号の取得には新規契約料がかかるため、費用面の負担を考えるとメールアドレスのように簡単に用意することはできません。

したがって、電話番号認証のメリットは、複数アカウントを作ろうとする悪質な利用者を排除できる点にあります。ここで言う悪質な利用者とは、

  • 一般人になりすまし、アドレス回収や援デリを目的とする業者
  • 利用規約違反、またストーカーなど法律に抵触する行為を行うユーザー

のことを指し、悪質な行為によって運営側に強制退会をされた場合、同じ電話番号では二度とその出会い系サイトに登録できないようにさせる効果があります。

つまり電話番号認証は、出会い系業者にとっても、利用者にとっても安全面においてメリットがあるというわけです。出会い系サイトの電話番号認証の流れは下記の図の通りです。

出会い系サイトの電話認証の流れ

電話番号認証の手順

では次に、具体的な電話番号認証の手順についてお話します。

電話番号認証と言っても誰かと会話をする必要もなく、指定された電話番号にかけて、自動音声システムによる案内を聞いて終了となります。時間にしてほんの数秒です。

  1. 出会い系サイトの会員登録を実行
  2. 電話番号を記入する
  3. 指定された電話番号に電話をかける
  4. 自動音声システムによる案内を聞いて通話を終了する
  5. サイトに戻り会員登録を終了する

実際にハッピーメール(PC版)の電話番号認証を見てみましょう。

まず、ハッピーメールにアクセスします。

ハッピーメールトップ画面

会員登録ページを開き、性別やニックネームなどのユーザー情報を入力します。ページ下部には電話番号を記入する欄があります。全てを入力し終わったら「確認画面へ」をクリック。

ハッピーメールの会員登録(ユーザー情報入力)

電話番号認証用の電話番号を表示されるので電話(フリーダイヤル)をかけます。自動音声で「確認できました」というアナウンスを聞いたら電話を切ります。最後に「登録する」をクリックして完了です。

ハッピーメールの会員登録(登録確認)

電話番号認証(SMS)の手順

次に、SMSを利用した電話番号認証の手順についてお話します。

  1. 出会い系サイトの会員登録を実行
  2. 電話番号を記入する
  3. 出会い系サイトのSMS発信ボタンを押す
  4. SMSで受け取った認証番号を入力する
  5. 会員登録を終了する

実際にワイワイシー(PC版)の電話番号認証を見てみましょう。

まず、ワイワイシー にアクセスします。

会員登録ページを開き、性別やニックネームなどのユーザー情報を入力します。ページ下部には電話番号を記入する欄があります。全てを入力し終わったら「登録内容を確認する」をクリック。

YYCの会員登録

入力内容の確認などをして、問題がなければ「認証番号を受け取る」をクリックします。登録した電話番号にSMSが届くので、記載されている認証番号を記入します。

YYCの電話番号認証

最後に「規約に同意して登録」をクリックして完了です。

YYCのユーザー登録完了

出会い系アプリには電話番号認証はない

一方、出会い系サイトと違い、出会い系アプリには電話番号認証はありません。なぜならアプリの場合、インストールする際に、スマホの個体識別番号などの端末情報が自動的に取得されるからです。

削除したアプリを再度インストールしたら過去のデータがそのまま残っていた、という経験がある方も多いと思います。それはアプリ側に端末情報が残っているために起こる現象です。

したがって、出会い系アプリで複数アカウントを作ろうとすると、その数の分だけスマホの用意が必要となります。出会い系アプリには電話番号認証がないのは、このように利用者の二重登録を防止することが出来ているからです。

電話番号認証の安全性

ここまで電話番号認証の目的や手順などについてお話してきましたが、それでは安全性についてはどうでしょうか。

個人情報の取り扱いについては、安全な出会い系サイトには必ず設置されているプライバシーポリシーを事前に確認することをおすすめします。

大抵の場合、「個人情報は厳重に管理し、第三者に提供することはありません」といった旨の文章が書いてあるはずです。たまに「問い合わせの際の連絡のために個人情報を利用することがある」と書かれている場合がありますが、運営から電話がかかってくることもまずありません。

プライバシーポリシーに記載されているから確実に安心である保障はありませんが、先にも述べた通り、電話番号認証の導入には専門の業者への依頼する出会い系業者が大半です。

万が一、出会い系業者が利用者の電話番号を悪用したりすると、社会的な信頼を損ねることにもなります。そういった面からも電話番号認証用に登録した電話番号が悪用される可能性は、ほぼ無いと考えて良いでしょう。

ちなみに電話番号認証は、出会い系サイトだけではなくGoogleやLINEのアカウントを作る際にも導入されており、一般的に普及している認証方法だと言えます。

参考身分証の提出では二重登録の防止にならない?

年齢確認の際の身分証の提出では二重登録の防止にはなりません。なぜなら、出会い系サイト規正法で定められている身分証は、下記情報さえ確認ができれば良いとされているからです。

  1. 年齢又は生年月日
  2. 書面の名称
  3. 書面の発行・発給者の名称

名前や住所が確認できるならともかく、上記情報だけでは二重登録は防止できませんよね。

電話番号認証がある出会い系サイト

ワクワクメール

もはや紹介する必要もないほど有名なワクワクメール。サービス開始は2001年。運営歴の長さはユーザーからの支持がある証拠です。

PCMAX

秘密の出会いを探すならココ!「普通の出会い系じゃ刺激が足りない!」という方にオスススメの出会い系です。

 

ハッピーメール 日本最大の会員数を誇る出会い系。ワクワクメールやPCMAXと同様の老舗サービスです。まだ登録していない方は登録しておいて絶対に損はありません。

電話番号認証がない出会い系サイト

タップル誕生

サイバーエージェントグループが運営する出会い系。完全匿名のニックネーム制なので安心して利用できます。

ラブサーチ

運営15年以上の実績!幅広い年代の男女に人気がある出会い系です。

-基礎知識
-, ,

Copyright© ビギナーズ! , 2019 AllRights Reserved.