テクニック

地雷男の見分け方!こんな特徴の男性には要注意!

掲載:

地雷男とは、とんでもない内面を隠し持った男性のことです。その性格から行動や発言に難があり、付き合った女性を不幸にしてしまう特徴があります。

「こんな男性だとは思わなかった…」

地雷男と付き合った経験がある女性は皆そう思うようです。

後悔しないためにも、付き合う前に地雷男かどうか見分ける力を身につけておくことが大切です。今回はそんな地雷男の見分け方についてご紹介します。

スポンサーリンク

地雷男の特徴とは?

自分が一番!とにかく上から目線

地雷男は自分が一番。親しくなって気を許した途端に態度が豹変します。

男尊女卑は当たり前。モラハラやセクハラも日常茶飯事で、女性を見下す傾向があります。

さらに人の話は聞かず、自分の考えを一方的に押し付けるクセもあります。

高級車や高級ブランドが大好き

地雷男は自己顕示欲が強いのが特徴です。

浪費癖があり、高級車やブランド品が大好きでそれらをマッチングアプリやSNSで"これでもか"というくらいに自慢したがります。

一方でデート代は割り勘、なんてセコい一面も持っていたりもします。

理想の女性像が高い

女性への理想が高すぎる地雷男。自分が完璧だと思っている為、女性に求める条件も多岐に渡ります。

理想の女性像は"お母さん"、なんて本気で思っているマザコン地雷男もいます。

女性への束縛が激しい

恋人への束縛が激しいのも地雷男の特徴です。

早朝でも深夜でもお構いなくLINEや電話など頻繁に連絡を寄こしてきます。他に男性がいる飲み会なんて絶対に参加させてもらえません。束縛が激しく嫉妬深いのが地雷男の特徴です。

でも自分は浮気をする

恋人への束縛が厳しい一方で、女性大好き&浮気癖があるのが地雷男です。

「お前はダメでも俺は良い!」まさにワガママすぎる性格と言えます。

地雷男の見分け方

地雷男の写真

地雷男は基本的にナルシルトであると言われています。

オシャレにも気を使っており、容姿も決して悪くありません。しかし、一方でやりすぎでしまう一面があるようです。分かりやすいブランド品で身を固めたに包んだファッションや、上半身裸の筋肉自慢は強すぎる自己顕示欲の現れです。

  • ブランド品で身を包んでいる
  • 上半身裸で鏡に映った筋肉自慢
  • 明らかに写真を加工し過ぎている

地雷男の仕事や学歴

地雷男のプライドは高く、人一倍勉強や仕事を頑張る傾向があります。

一方で承認欲求も強く、自分の学歴や勤務先をやたらと自慢したがります。また、正体不明の会社社長や、個人事業主を名乗る男性も地雷男の可能性が高いので注意しましょう。

  • 学歴や勤務先をやたらとアピール
  • 肩書や資格をやたらとアピール
  • 仕事が社長や個人事業主

地雷男の趣味

地雷男はTwitterやFacebookなどのSNSを好む傾向があります。

「海外旅行行ってきました!」
「有名レストランの料理美味しかった!」
「この前のフェス最高だった!」

などのリア充自慢は、すべて自己顕示欲の現れです。

また、パチンコや競馬などギャンブルが趣味の男性も地雷男の可能性があるので注意しましょう。

  • SNSでやたらとリア充自慢
  • パチンコや競馬が好き

地雷男のプロフィール

地雷男のプロフィールはとにかく長いのが特徴です。読んだ相手がどう思うかは考えず、自分視点で書きたいことを詰め込みまくるためです。

自分を客観視できない為、自分について「優しい」と書いたり「イケメンです」と書いたりもします。また自分の過去の恋愛について書いてしまう男性も地雷男の可能性があるので注意しましょう。

  • とにかく長文
  • 自分について優しいと書く
  • 過去の恋愛を語りがち

地雷男のメッセージ

地雷男はのメッセージは、上から目線で馴れ馴れしいところから始まります。

いきなり呼び捨てや"お前"呼ばわりしてきたり、まだ知り合って間もないにも関わらず、

「とりあえず会おう」
「電話しようよ」

と言ってきたら、その男性は地雷男の可能性があるので注意しましょう。

  • いきなり呼び捨て、"お前"呼ばわり
  • とりあえず会おう
  • 電話したがる

地雷男に出会ったら

学校、職場、SNS、マッチングアプリ、婚活サイト。どんな場所にも地雷男は必ず存在します。

地雷男と知らずに恋人や夫婦になってしまうと、あなた自身が不幸になってしまいます。

大事なことは、少しでも"この人は地雷男かも…"と思ったら、その男性を避けることです。

今回ご紹介した地雷男の見分け方を是非使ってみてくださいね。

-テクニック
-,

Copyright© ビギナーズ! , 2021 AllRights Reserved.